ブログ

2021年5月17日(月) 同調≠寄り添う

いつもとろんこアカデミーのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今日、とろんこに来てくれた女子からこんな言葉がありました。
「見て、この宿題。めっちゃ大変なんだけど。」
確かに今までより量が増えていたり、内容がレベルアップしたりしていました。でもそんなときにこちらも「うわっ、めっちゃ大変そう!難しくなったねー」なんてことは言いません。
ただでさえ嫌悪感を感じている宿題、こちらも同調してしまうと増々「これは難しいものなんだ、やっぱり大変なんだ、いやだぁぁぁーーーっ!」となってしまいます。
なので、そんなときは「大丈夫、できるよ。」「一緒に終わらそうね。」なんて言います。同調ばかりが寄り添いではありません。

こちらも宿題。新聞の感想文です。ここ毎週出ています。前回とろんこでやったものを持って来てくれて、そこに学校の先生からの褒めポイントが書かれていると、こちらも嬉しくなります。

こちらは算数。取り組む問題にフォーカスできるよう先生が他の問題を隠しています。

教科書の音読も宿題の1つです。子どもと先生、句点ごとに交代して読みます。先生が読むのを聞くことも大切なことです。
手元をよく見てみると…

こちらも違った方法でフォーカスできるようにします。読む行だけが出てくるように、この通称「文を読むやつ」を使って二人で読み進めました。

今日もご覧いただきありがとうございました。

加藤


現在、とろんこアカデミーでは正社員を

募集しております。

詳細は以下の求人情報をご参照ください。

↓↓↓

とろんこアカデミー
正社員募集


弊施設ガイドライン自己評価は

下記をクリックして参照ください。

↓↓↓

とろんこアカデミー自己評価結果

関連記事

ページ上部へ戻る