ブログ

2019年12月19日(木)漢字の学習

いつも「ブリック」のブログをご覧いただき、感謝しております・・・

 

さて、毎月19日、記念日されているものが4つあるそうで。

そのうち一つが「トーク」の日。

NTTが制定していて、「トー(10)ク(9)」の語呂合せとのこと。

もう一つは「食育」の日で、「しょくいく(19)」の語呂合せ。

言葉の音を数字に置き換えるのは、歴史年号を覚えるのによく使う方法ですが、

「ややこじつけ?」というものにも、出会わないこともないですね。

 

そして英語の表記はアルファベットだけで済むのに、

日本語はひらがな、カタカナ、漢字と書き表記の種類が多すぎる!

だから日本語の表現は豊かであるのですが、「漢字が書けない!」

という主訴で来られる子どもたちは、決して少なくありません。

 

そこで対策 その①

このワークには、大変たいへんお世話になっています。

「もうカンジなんていやー」という子どもたちでも、取り組める仕かけがあり

その一つが、

「漢字たしざん」。

部首も一緒に並んでいるので、そのまま積み上げても、漢字にならないものもありますが、

ただ漢字を示して「書こう!」というよりは、パズル的でずっと抵抗は小さいです。

ただし、「こたえの漢字で、ことばをつくる」は難しいことも多い。

できた漢字が読めないこともざらですが、取り組みやすいのは確か。

 

そして次に「つながる漢字はどれだ」

熟語として成り立つ組み合わせを探して、点でつないで書くというもの。

取り組みやすそうですが・・・

 

以下は実際に書いたもの。

漢字の苦手な子は、一つずつでも読むことが難しく、まして熟語なんて…

という場合が大半です。

そこで、線でつなぐ前、あらかじめ「あとでつけるはずの」読み方を書いておき、

「読み方から考えて」漢字をむすんで書こう、というやり方にしています。

一つずつの漢字の読みが確認できるのもよいです。

このやり方にしてから、「プリントいやー」の声が減った気がします。

 

あるいは、お手本を写して書くには書くけれど、漢字を組み合わせて熟語を作るなんて無理!

対策 その➁

「熟語トランプ」

このトランプは、神経衰弱のように裏にしたものをめくっていき、

熟語になる組み合わせを引き当てたら、札が取れるゲームができます。

しかし、その組み合わせが思いつかない子どもたちには、

あらかじめ組み合わせを示して、読み・書きを一通り学習してから、

神経衰弱をするという手順にしています。

 

このトランプは3年生までに学ぶ漢字を使っていますが、

できる熟語は500種類もあるとのこと。

つまり3年までの漢字でも身につけたら、それだけの語彙が手に入るとも

言えるかもしれません。

 

パソコン、スマホがあれば、漢字は書けなくてもいい、という向きもありますが、

表現を身につけるには手で書くことも必要であり、だからこれからも、

子どもたちの漢字学習を、様々な方法で支援していきたいと思います。

 

それでは、今日はこれまで!

《Matsubara》

——— –
弊施設ガイドライン自己評価は下記URLをクリックして参照ください。
↓↓↓↓

https://toronco-academy.com/wp-content/uploads/2019/05/jikohyouka2019.pdf

 

———-

******* とろんこアカデミーブリック *******

〒615-8075京都市西京区桂巽町4-48 サンケンビル1F

TEL:075-925-5282 FAX:075-925-5283

**************************

 

関連記事

ページ上部へ戻る